義歯とインプラント、どちらが良いの?

義歯とインプラント、どちらが良いの?

義歯 or インプラント

歯を失うと

歯を失った患者様から「義歯とインプラント、どちらの治療方法が良いのでしょうか」と言った類のご質問をたいへん多く頂きます。そのご質問に答える為に、まず各治療法の特徴をご説明致しましょう。

そもそも歯の最も重要な役割は、噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に審美的な要素も併せ持ち、奥歯は食物を噛み砕くといった機能を持っています。人は、たった1本の歯を失うだけでも機能と審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。ですから、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておかなければなりません。

失った歯の両側にある歯が倒れ込む事によって、噛み合わせのズレが起こり、審美的な問題は勿論、咀嚼障害・発音障害・顎関節の異常等を引き起こします。

歯を失った時の治療法

欠損した歯を補う治療法には、「さし歯によるブリッジ治療」「インプラントによる治療」「義歯による治療」等がありますが、よく聞かれる質問は、「義歯とインプラント、どちらが良いの?」です。ここでは、代表的な3つの治療方法の特徴についてお話致します。

- 治療法その1 -さし歯(ブリッジ)

さし歯による治療は、ブリッジとも呼ばれています。

さし歯(ブリッジ)治療のメリット

  • 自然の歯の形と同じような外観を回復することが出来る。
  • 自分の歯と同じように咀嚼できる。
  • かみ合わせを回復することができる。

さし歯(ブリッジ)治療のデメリット

  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと出来ない。
  • 土台となる健康な歯を削らなければならない。
  • 土台にした歯に負担がかかる為、新たに歯を喪失する危険性が増す。

- 治療法その2 -インプラントによる治療

インプラント治療のメリット

  • 健康な歯を犠牲にする必要がない。
  • 自分の歯と同じように見える。
  • 自然の歯と同じような機能が期待できる。
  • 失った部分のアゴの骨がなくなるのを防ぐ。

インプラント治療のデメリット

  • インプラントを植立する為の手術が必要。
  • 比較的費用がかかる。(保険適応なし)
  • 歯科医師の高度な技術と知識、精度の高い技工操作などが必要。

》インプラントついて、さらに詳しく

- 治療法その3 -義歯(入れ歯)による治療

義歯(入れ歯)

義歯による治療のメリット

  • 比較的短期間のうちに機能回復ができる。
  • 咀嚼機能をある程度回復できる。
  • 病気がちの方でもケアしやすい。

義歯による治療のデメリット

  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい。
  • 長期間の使用によりアゴの骨が次第に失われる。
  • 入れ歯による違和感を生じやすい。

》義歯(入れ歯)ついて、さらに詳しく

結論は

「義歯とインプラント、どちらが良いの?」 と言うご質問ですが、上記に述べたとおり、それぞれの治療方法にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

まず第一に考えるのは、患者様の思いです。義歯に違和感を持たれる患者様にはインプラントを、インプラント治療に抵抗のある患者様にはさし歯ブリッジや義歯と言う事になります。選択肢がある事はよい事なのですが、そこに悩みが生じるのも致し方ない事でしょう。

どちらが良いと言う事ではなく、どちらの治療法が最も患者様(患者様の口腔内の状態やライフスタイル、患者様の思い)に適しているのかと言う事になります。

最後に

当院では、インフォームドコンセントをとても大事な事と考えております。
インフォームドコンセントとは、歯科医師が患者さんに対して、受ける歯科治療の内容の方法や意味、効果、欠点、その後の予想や治療費等について、十分にわかりやすく説明し、その上で治療の同意を得る事を言います。

具体的には、病状や治療の説明を理解し易くする為に模式図や模型を使って患者さんにわかりやすく説明をし、考えられる治療方法の利点、欠点、治療期間、治療費等についてお話し、その中から患者様が最も望む治療方法を選んで頂きます。

インフォームドコンセント

光本歯科では、患者様にとって最良と思われる治療を、患者様の立場で考えたいと思っています。

一回限りの説明では全てを理解出来ない事、理解してもどの治療法にするか決定出来ない事があります。そのような時には、治療のたびにご説明致します。患者様の理解と選択のもと、患者様にとって最良の治療方針・方法を決定してまいりましょう。

もし患者様のお考えが変わった時には他の治療法を選択する事もできますので、どうぞご安心下さい。

歯の診療・治療・症状に関しまして、分からない事や疑問に思う事も多々ある事と思います。お悩み事等ございましたら、何でもご質問・お問い合わせご相談下さい。歯を失ってお困りの方、どうぞお気軽にご相談下さい。

*治療期間・治療結果につきましては、個人によって違いが出ます事をご了承下さい。

インプラント治療費用

インプラント植立 
¥237,800/本
上部構造
75,600円/装置
植立する部分の骨が少ない場合のオプション
▶ 自家骨移植 ¥54,000/欠損
▶ 骨造成術  ¥108,000/欠損
▶ 上顎洞底挙上術 ¥108,000/本
▶ サイナスリフト ¥216,000/回

義歯治療費

保険診療:健康保険各種取り扱い、保険診療費に準ずる。
自費診療:以下に表記

レジン床義歯
全部床 216,000円/顎
金属床義歯
部分床  324,000円/顎
全部床  378,000円/顎
アタッチメント
コーヌス    162,000円/歯
 マグネット   108,000円/歯
ロケーター   108,000円/歯
ドルダーバー  162,000円/歯

スタッフ紹介

光本 和世

光本歯科医院 院長
歯学博士 光本 和世 (歯科医師・治療責任者)

[学歴・経歴]
昭和62年3月 昭和大学 歯学部卒業
昭和62年4月 昭和大学第二口腔外科学教室 入局
平成02年4月 ペンシルベニア大学(米国)留学
平成07年4月 福原矯正歯科研究所 入局
平成07年4月 医)桜津会 光本歯科医院 開業
平成19年1月 医)桜津会 パルテノン歯科 開業

[所属会員]
日本歯科医師会、東京都歯科医師会、豊島区歯科医師会

[所属学会]
日本口腔外科学会
日本矯正歯科学会
日本口腔インプラント学会
Center of Implant Dentistry (CID) Club
ICOI ( International congress of oral implantologists)

インプラントスタディーグループ MSK を主催(現会長)

アクセス

医療法人社団 桜津会
光本歯科医院

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-47-6 パレス南池袋1F
豊島区池袋の歯医者さん 光本歯科医院

03-3982-6497

JR・東武線・西武線 池袋駅東口より 徒歩7分
丸の内線・副都心線 池袋駅39番出口より 徒歩4分
有楽町線 東池袋駅1番出口より 徒歩2分
都電荒川線 東池袋四丁目より 徒歩4分

診療時間 日祝
10:00 ~ 13:30
15:00 ~ 19:00

△第一木曜日は休診日です。
休診日:日曜、祝日、第一木曜日
健康保険:保険診療、健康保険各種対応

光本歯科医院

診療科目・治療内容

一般歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、虫歯治療、歯周病治療、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、義歯(入れ歯)、マウスガード、予防歯科治療 等

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る