クリーニング・PMTC

クリーニング・PMTC

歯周病治療・歯周病予防

もしかしてあなたも・・・?

歯周病とは

歯周病とは、歯肉(歯茎)に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、歯を支える歯槽骨を破壊し、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

歯周病について

当院の歯周病治療の流れ

歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、光本歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者様には、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。



- ステップ1 -診査

まずは病状の正確な把握の為に、さまざまな診査(問診・口腔内写真・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行ないます。この診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

ご相談のみでも結構です。ご予約の上、どうぞお気軽にご来院下さい。

お口の中のチェック

- ステップ2 -診断、治療計画の決定

検査の結果をもとに病状を診断し、治療計画を立てます。歯周病の治療には、患者様それぞれにあった計画的な治療が必要となりますので、患者様に現在のお口の中の状態を詳しくご説明致します。

診断、治療計画の決定

- ステップ3 -初期治療

治療計画をご説明、ご納得頂いたのち治療を開始致します。一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

1. プラークコントロール
プラークコントロール プラークは食事のあとの食べかすで出来た粘りのある歯垢です。
うがいだけでは除去しきれません。歯ブラシやプロスを使って機械的の取り除くことが大事です。

2. バイオフィルムの除去
バイオフィルム バイオフィルムは歯の表面に付着した細菌が形成した多頭体の膜です。
歯科の専門家によるクリーニングPMTC(Professional Medical Tooth Cleaning)が効果的です。

3. プラークコントロールの評価
来院のたびに歯科衛生士が口腔内をチェックします。
そうすることによって、磨けていない所あるいは磨きにくいを認識しプラークコントロールを行います。

4. リスクファクターの除去
ラッシングが上達しても口腔内に不良の補綴物(金属のつめもの等)、歯並びが悪ければプラークコントロールが難しくなります。
よりプラークコントロールをしやすい環境を整える事も大事です。

5. 再検査
一通り初期治療が完了したら、再評価しメインテナンスを定期的に行っていくか、あるいは歯周外科治療に移行するか評価します。

6. 定期検診
良くなった口腔環境が保たれているか定期的にチェックをする事で、歯周病になることを未然に防ぎます。

- ステップ4 -歯周外科治療

1. ポケット掻爬、ルートプレーニング
局所麻酔をして歯周ポケット内を掃除したり歯周ポケット内の歯根表面のお掃除をします。

2. 歯肉切除
歯周ポケットが改善しない場合、歯肉を切除し歯周ポケットを浅くし歯ブラシでプラークが除去できる環境を作ります。

3. フラップオペレーション
歯槽骨の欠損を伴う深い歯周ポケットに対して行い歯周外科治療です。

4. 固定
動揺が大きい場合に隣在歯を使って固定し動揺を抑えます。

5. 再評価
問題がなければメインテナンスに移行します。もし改善が見られない場合は、もう一度歯周治療を行います。

歯周病予防・メインテナンス

プラークコントロール

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。
歯周病はバイオフィルム感染症です。ですから、適切にプラークコントロールする事で、バイオフィルムの形成を防ぐ事ができます。プラークコントロールは、患者様ご本人が家庭で行なう事が中心となりますので、歯ブラシや歯と歯の間の清掃に必要な歯間ブラシ、デンタルフロスや舌ブラシ等の使い方もご指導致します。

歯周病はきっちりとメインテナンスを行なえば、その進行を食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

歯周病の原因は歯につく汚れの中にいる細菌です。ですから、毎日しっかり歯磨きをして歯の汚れが取れていれば、歯周病は防げます。しかし、磨いているつもりでも自己流では磨けていない事が多いようです。そこで、クリーニング・PMTCや食生活指導を定期的(定期健診)に受けられる事をお勧め致します。

》クリーニング・PMTCについて、さらに詳しく

最後に

当院では、インフォームドコンセントをとても大事な事と考えております。
インフォームドコンセントとは、歯科医師が患者さんに対して、受ける歯科治療の内容の方法や意味、効果、欠点、その後の予想や治療費等について、十分にわかりやすく説明し、その上で治療の同意を得る事を言います。

具体的には、病状や治療の説明を理解し易くする為に模式図や模型を使い、患者様にわかりやすく説明をし、考えられる治療方法の利点・欠点・治療期間・治療費等についてお話し、その中から患者様が最も望む治療方法を選んで頂きます。

インフォームドコンセント

光本歯科では、患者様にとって最良と思われる治療を、患者様の立場で考えたいと思っています。

一回限りの説明では全てを理解出来ない事、理解してもどの治療法にするか決定出来ない事があります。そのような時には、治療のたびにご説明致します。患者様の理解と選択のもと、患者様にとって最良の治療方針・方法を決定してまいりましょう。

もし患者様のお考えが変わった時には他の治療法を選択する事もできますので、どうぞご安心下さい。

歯やお口の診療・治療・症状に関しまして、分からない事や疑問に思う事も多々ある事と思います。お悩み事等ございましたら、何でもお気軽にご質問・お問い合わせ下さい。歯周病でお悩みの方、是非一度、ご相談下さい。

歯周病治療費

保険診療:健康保険各種取り扱い、保険診療費に準ずる。
自費診療:以下に表記

歯周病
健康保険適応

スタッフ紹介

光本 和世

光本歯科医院 院長
歯学博士 光本 和世 (歯科医師・治療責任者)

[学歴・経歴]
昭和62年3月 昭和大学 歯学部卒業
昭和62年4月 昭和大学第二口腔外科学教室 入局
平成02年4月 ペンシルベニア大学(米国)留学
平成07年4月 福原矯正歯科研究所 入局
平成07年4月 医)桜津会 光本歯科医院 開業
平成19年1月 医)桜津会 パルテノン歯科 開業

[所属会員]
日本歯科医師会、東京都歯科医師会、豊島区歯科医師会

[所属学会]
日本口腔外科学会
日本矯正歯科学会
日本口腔インプラント学会
Center of Implant Dentistry (CID) Club
ICOI ( International congress of oral implantologists)

ITI公認 インプラントスペシャリスト
インプラントスタディーグループ MSK を主催(現会長)

アクセス

医療法人社団 桜津会
光本歯科医院

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-47-6 パレス南池袋1F
豊島区池袋の歯医者さん 光本歯科医院

03-3982-6497

JR・東武線・西武線 池袋駅東口より 徒歩7分
丸の内線・副都心線 池袋駅39番出口より 徒歩4分
有楽町線 東池袋駅1番出口より 徒歩2分
都電荒川線 東池袋四丁目より 徒歩4分

診療時間 日祝
10:00 ~ 13:30
15:00 ~ 19:00

△第一木曜日は休診日です。
休診日:日曜、祝日、第一木曜日
健康保険:保険診療、健康保険各種対応

光本歯科医院

診療科目・治療内容

一般歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、虫歯治療、歯周病治療、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、義歯(入れ歯)、マウスガード、予防歯科治療 等

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る