さし歯(差し歯):池袋 光本歯科医院

さし歯

さし歯・差し歯(クラウン)

さし歯(差し歯)メージ

さし歯とは継続歯の事で、むかし行われていた治療法で金属の芯棒と被せる歯が一体になった歯の事です。 現在は適合精度や強度の問題から、神経の治療後、金属又は樹脂の芯棒(支台築造、コア)を歯に付けて、その後、歯を被せます。

歯は、保険であれば金属の銀歯に表面だけ白いレジンのついた歯になります。レジンは吸水性がある上自然感が全くありません。また金属アレルギーの問題や歯の付け根の黒ずみの原因になります。

やはり、金属を使用しないオールセラミックスやジルコニアセラミックの歯を被せるのが最も審美的です。

当院のセラミックス治療

セラミックとひとくちに言っても、種類があります。
患者さんのご希望・ご要望をよくお聞きしたうえで、患者さんの症例に適した最善の治療法をご提案いたします。

治療回数は神経のある生活歯で2回、神経の治療する歯で3~5回です。
色あわせは適度な照度の元、患者さんと相談し決めます。その後、写真を撮りセラミックスを作る技工士に送り参考にしてもらいます。
セット時、色や形が気になる場合は再調整・再製作し、納得して頂いてから装着いたします。

歯の色や形、歯並びでお悩みの方、是非一度、ご相談下さい。

セラミックスの違いについて

メタルボンドセラミック
金属のコーピングの周りにセラミックスを焼き付けた物で従来のセラミックの歯の事です。
丈夫ですが、光を反射するので不自然でまた金属の漏洩による歯ぐきの黒ずみの原因にもなります。

オールセラミック
セラミックスだけでできた歯です。光を反射せず、自然な歯の感じを再現できます。
ただし強度に問題があり、破折しやすいです。

ジルコニアセラミック
ジルコニアのコーピングの周りにセラミックスを焼き付けた新しいセラミックスの歯です。
光を反射せず、自然な歯の感じを再現できます。そして金属より強度があり、軽量で金属アレルギーもありません。色も白いので、非常に審美的です。

芯棒(支台築造、コア)について

メタルコア(金属の芯棒)
丈夫ですが、光を反射するので不自然で、また金属の漏洩による歯ぐきの黒ずみの原因にもなります。

ファイバーコア(樹脂の芯棒)
光を反射せず、自然な歯の感じを再現します。
金属の芯棒は丈夫ですが、光を反射するのでやはり自然な歯の感じを再現するには樹脂の芯棒を使用し、金属を使わないオールセラミックやジルコニアセラミックを被せる方法が一番自然できれいに仕上がります。特に神経の治療をしていない生活歯は、きれいで自然観のある歯になります。

さし歯治療費

保険診療:健康保険各種取り扱い、保険診療費に準ずる。
自費診療:以下に表記

セラミックスクラウン 108,000円/歯
オールセラミックス(ジルコニア) 129,600円/歯