歯科口腔外科:池袋 光本歯科医院

歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科イメージ

歯科口腔外科の診療領域では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療等と言った顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱います。

歯科口腔外科は一般には口腔の外科であると認識されていますが、その特異性として顎口腔機能を中心として据えているた為に、内科的処置やストレス障害に至るまでその受け持つ範囲は広いです。取り扱う疾病も、炎症や骨折、腫瘍にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内の多種多様な疾病を受け持っています。

当院の歯科口腔外科治療

一般的に口腔外科を来院する頻度が高いのは、親知らずの腫れ痛みに代表される口腔感染症や交通事故等の外傷、失った歯を植立するインプラント、口が開きづらい・開くと痛みがある顎関節症などです。

歯やお口の病気でお悩みの事などございましたら、是非一度、ご相談下さい。

  • 親知らずについて、詳しくはこちらから
    親知らずは一番最後にはえてくる為、はえるスペースがないと斜めにはえたり、埋もれたまんまの状態できれいに清掃が出来ず、汚れによって炎症が起きて腫れて痛みが出ます。

  • インプラント治療について、詳しくはこちらから
    歯を失った方には、インプラント治療という選択肢があります。歯の失われた部位の顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける事により、失った歯と歯根の機能を回復する治療方法がインプラント(人工歯根)治療です。