小児歯科・小児歯科治療:池袋 光本歯科医院

小児歯科

小児歯科(子供の歯の治療)

小児歯科(子供の歯の治療)

子どもの笑顔は かけがえのない宝物!

小児歯科は、おおむね乳幼児期から、永久歯が萌え揃う学童期まで(12~13歳)を対象としています。虫歯の治療や予防処置、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療を行います。

子供の最初の歯は、通常 生後6カ月までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が完全に生えそろうのが普通です。乳歯は、子供の身体・健康にとって大切なの物である事は言うまでもありませんが、これから生えかわる永久歯にとっても重要な意味を持っています。

小児の咬合誘導

咬合誘導とは、永久歯列が完成するまでの間に顎の成長を抑制あるいは発育を促したり、また歯列を拡大して口腔内の発育をコントロールすることによって、抜歯や本格矯正を回避したり、回避出来なくても本格矯正を単純化し治療期間を短くすることを目標としております。

当院の小児歯科治療

当院では、ただ単にお子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母さんといっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」と考えています。

「6歳臼歯がなかなか生えない」 、「痛い」、「前歯がななめに生えた」、「噛み合わせがおかしい」と言った場合などは、できるだけ早くご相談下さい。

信頼できるかかりつけの歯科医師をおもち頂く事で、定期検診や適切な指導を受けたり、わからない事を気軽に相談できます。
お子様の歯やお口の事で、お悩みや心配事などございましたら、どうぞお気軽に、ご質問・お問い合わせ下さい。